勉強会

2018年2月23日 金曜日

歯肉退縮

こんにちは
歯科衛生士の甲斐です!

今回の勉強会のテーマは
「歯肉退縮」についてでした。


歯周病の治療が進むにつれて
歯ぐきが痩せて下がってきたように見える
歯が長くなったように見える
冷たいものや風がしみる
など感じる方もいらっしゃるかと思います。

歯周病は歯を支える骨が溶けていく
病気です。歯周治療を行い
歯ぐきの炎症が消退すると
本来見えないはずの歯の根元が
露出してしまいます。
これが歯ぐきが下がったように
見えるのです。

一度下がった歯肉は元には戻りません。
歯周治療において歯肉退縮は
避けては通れませんが
1本でも多くの歯を残していくには
歯周治療が必要なのです。

また、歯周治療後のメインテナンスを
続ければ歯周組織が安定して
歯肉退縮は停止すると言われています。

そのため、大きな歯肉退縮を防ぐ為に
歯周病が発見されたら歯周病の治療を行い、
その後は定期的なメインテナンスで
通って頂くことが大切になります。



投稿者 医療法人怜生会

クレジットカード利用
アクセス

■診療受付時間
9:00〜13:00 / 15:00〜19:00
■休診日
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
■住所
〒860-0067
熊本県熊本市西区城山大塘1-9-25
■最寄駅
熊本駅から車で10分
■駐車場
20台