日本歯周病学会研修施設 認定 慶歯科医院

お知らせ

診療時間

診療時間
9:00-13:00
14:30-18:30 - -

土曜日は8:30 - 12:30まで日・祝は休診日です。
※受付終了時間は17:30です。

診療カレンダーを見る

インプラント

ブリッジや入れ歯(義歯)では、ますます歯を失うリスクが高まります。

 

入れ歯や義歯では、ますます歯を失うリスクが高まります。また、入れ歯は支えている骨が細くなっていきます。
実は、お口の環境はとても厳しく、今の現代人の食生活では十分なケアをしないと、むし歯や歯周病によって容易に壊れていきます。また噛み合わせの力なども、歯にダメージを与えていて、歯の寿命を縮める原因になります。このような状況の中で、歯を失うと、残っている歯に負担が生じてしまいます。
歯を失った場合、従来の治療法である義歯やブリッジを選択すると、実はもっと歯を失うリスクが高まります。なぜならばブリッジや義歯は、残っている歯を利用して噛めるようにするからです。

 

ブリッジ

失った歯の両隣にある健康な歯を削ります。
場合によっては、神経まで取る必要があります。
そして、ブリッジは、セメントによって歯に接着させます。セメントは、長い間に壊れ、再びそこに細菌が入り、むし歯になる事があります。
また、歯を失った分の負担は残った歯にかかりますので、歯周病の増悪や歯の破折等の問題が起きることがあります。

ブリッジや入れ歯(義歯)では、ますます歯を失うリスクが高まります。

 

入れ歯(義歯)

残っている歯にバネをかける事で、動かないようにします。したがってこのバネがかかる歯は常に揺さぶられるため、どうしても歯周病が増悪しやすかったり、負担が集中し破折したりします。
バネのかかる歯は通常の場合より、歯を失うリスクは非常に高くなります。義歯は粘膜の上に乗っていますが、粘膜の下には骨があります。入れ歯はこの骨の部分と粘膜の部分で支えます。そのため確実に、骨は細くなっていきます。骨が細くなると入れ歯は、合わなくなったり、噛み合わせが低くなっていきます。そして、入れ歯の条件がだんだんと難しくなります。

 

入れ歯(義歯)