日本歯周病学会研修施設 認定 慶歯科医院

お知らせ

診療時間

診療時間
9:00-13:00
14:30-18:30 - -

土曜日は8:30 - 12:30まで日・祝は休診日です。
※受付終了時間は17:30です。

診療カレンダーを見る

歯周病

細菌感染のおこり方

歯と歯ぐきの間には歯周ポケット(歯肉溝)と呼ばれる1~2㎜程度のすき間があります。
食事をするとここにプラーク(歯垢)がたまります。

 
 
ブラッシングがうまく出来ておらず、歯垢(プラーク)がたまった状態を放置すると、歯ぐきが腫れてきます。
歯ぐきが炎症を起こすと、すき間が広がり2~3mmになります。 
歯ぐきの腫れがひどくなると、歯周病菌が繁殖します。
歯周病菌には歯ぐきを作っているコラーゲン繊維を分解する作用があるため、
だんだん歯ぐきが弱くなり、炎症も悪化していきます。
 

 

炎症がひどくなると好中球と呼ばれる生体防御細胞(体内に侵入した細菌を排除しようする免疫力)が
活性化され細菌を退治していきます。
 

細菌を退治した好中球は膿として歯周ポケットから出ていきます。
 

細菌感染を防ぐには?

歯周病の原因、プラーク(歯垢)を除去するにはブラッシングしかありません。
歯垢は歯にべったりとくっつきうがいでは取れません。また、食事をとっていなくても付着していきます。
慶歯科医院では、定期的な検診で歯周病検査や予 防治療を積極的に行っています。